京都の江戸時代をあるく―秀吉の城から龍馬の寺田屋伝説まで

個数:

京都の江戸時代をあるく―秀吉の城から龍馬の寺田屋伝説まで

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 217p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784892595776
  • NDC分類 291.62
  • Cコード C0021

内容説明

「寺田屋騒動」「龍馬遭難事件」の舞台となった「寺田屋」。歴史家の詳細な史料検討で明らかにされた幕末・明治期の真実とは!「篤姫のみた洛中洛外」など、京の江戸時代の謎を歩いて読み解く59話。

目次

無意識に残る400年の痕跡
新京極三条、謎の坂道
江戸時代に完成した寺町
寺町、その後
「短冊形地割」の幻想
日本の「長城」、さまざまな意義―御土居堀
被差別民と京都の惣構なぜ悲田院年寄は出張するのか
生きていた聚楽城
山内一豊の妻はどこに住んでいたのか
武家の首都、伏見〔ほか〕

著者等紹介

中村武生[ナカムラタケオ]
歴史地理研究者。現在、佛教大学・同志社大学・京都女子大学・大谷大学・天理大学非常勤講師。特定非営利活動法人(許可申請中)京都歴史地理同考会理事長。1967年(昭和42)10月、島根県大田市生まれ、大阪府北河内(門真市・守口市・枚方市)に育つ。1991年(平成3)3月、佛教大学大学院文学研究科博士課程前期日本史学専攻修了。専門は、明治維新史、都市史(惣構論)、史蹟論など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。