分権・合併最前線―自治体の現場から

個数:

分権・合併最前線―自治体の現場から

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 187p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784892594014
  • NDC分類 318.12
  • Cコード C0031

内容説明

本書では、兵庫県内の市町合併の動向と問題点、広域行政の現状と課題、分権型社会における首長・議員像を探り、今後の分権改革のあり方や分権・自治への提言を試みた。

目次

第1章 兵庫県内の市町合併の動向と課題
第2章 篠山市誕生の軌跡と合併後の課題
第3章 分権化時代の市・町長像
第4章 分権化時代の地方議員像
第5章 広域行政の現状と課題
第6章 市町村合併と自治体の適正サイズ―兵庫県内の市町長アンケートを手がかりに
第7章 分権改革のゆくえ―分権と自治の現状と課題

著者等紹介

松本誠[マツモトマコト]
神戸新聞社編集局調査研究資料室長。1944年生まれ。関西学院大学法学部卒。記者活動、神戸新聞情報科学研究所副所長を経て現職

森脇俊雅[モリワキトシマサ]
関西学院大学法学部教授、博士(法学)。1945年生まれ。関西学院大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学

長峯純一[ナガミネジュンイチ]
関西学院大学総合政策学部教授。1958年生まれ。慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。