海外フィールドワークによる日系国際児の文化的アイデンティティ形成

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 327p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784892429286
  • NDC分類 334.424
  • Cコード C3011

内容説明

国際結婚した日本人との間に生まれた「日系国際児」(乳幼児から思春期)。その国の伝統、生活、教育、言語などにおいて「日系国際児」の文化的アイデンティティ形成を検証する。10年間におよぶバリ島でのフィールドワークの成果。

目次

第1部 日系国際児の文化的アイデンティティ形成―研究の課題と方法(「国際児」と「国際家族」―定義と現状;日系国際児に関する研究―概観;日系国際児の文化的アイデンティティ形成をめぐる研究の課題と方法;文化人類学的―臨床心理学的アプローチ)
第2部 バリ島の「国際児」の世界―海外フィールドワークの実際(研究の概略;調査地の背景―自然・歴史・社会・文化と日系コミュニティ;調査地(フィールド)と調査参加者
日系国際家族の養育・教育
日系国際児の言語・文化―家庭,居住地,学校との関連性
日系国際児の二つの言語・文化と文化的アイデンティティ―多文化環境のなかでの発達)
多文化時代における日系国際児の文化的アイデンティティ形成―総括

著者等紹介

鈴木一代[スズキカズヨ]
ドイツ国立ケルン大学大学院博士課程修了(心理学、精神病理学、教育学専攻)。Dr.rer.nat.(心理学博士)。埼玉学園大学人間学部教授。専門領域:異文化間心理学、発達社会心理学、比較精神病理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。