河出文庫<br> バレリーナ―踊り続ける理由

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
バレリーナ―踊り続ける理由

  • 吉田 都【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 河出書房新社(2019/07発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月09日 23時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 189p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416946
  • NDC分類 769.1
  • Cコード C0173

出版社内容情報

世界のプリマ・吉田都が強く美しく生きたいと願う女性達に贈るメッセージ。ベストセラーが引退を機に遂に文庫化。特別収録多数。

内容説明

年齢を重ねてなお進化する、その強さと、しなやかな美しさはどこからくるのか?バレエという西洋の舞台芸術で、日本人として世界の頂点を極めたバレリーナが、自身の経験をもとに、現代を生きるすべての女性に贈る言葉たち。コンプレックスとの付き合い方、歳とともに変化する自分の受け入れ方、そして本当のエレガンスとは―。引退と新たな挑戦に向けてのメッセージ、阿川佐和子との対談を特別収録。

目次

はじめに―バレエが私に教えてくれたこと、お話しします
第1章 好き、は人生の導き手
第2章 「自分の居場所」を見つけるために
第3章 ライバルは、自分
第4章 補い合い、引き出し合う関係
第5章 変化する自分と向き合いながら
第6章 エレガントに生きる
第7章 心にも栄養を

著者等紹介

吉田都[ヨシダミヤコ]
東京都生まれ。9歳でバレエを始める。1983年ローザンヌ国際バレエコンクールにてローザンヌ賞を受賞、英国ロイヤル・バレエスクールに留学。84年サドラーズウェルズ・ロイヤルバレエ団に入団。88年に最高位であるプリンシパルに昇格、以後95年に移籍した英国ロイヤル・バレエ団を2010年に退団するまでの22年間、世界最高峰の舞台に主役として立ち続け、その確かなテクニックと音楽性、豊かな表現力は“ロイヤルの至宝”と称された。20年の新国立劇場・舞踊部門芸術監督就任を前に、19年夏に現役引退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あや

18
ひとつ年を取る前にこの本を読めて良かった。まもなく引退するバレリーナ、吉田都さん。バレエは自分の身体を使って表現する芸術。年を重ね、表現したいことが深まっていくのに対し、徐々に今まで通りに身体が動かなくなったり、疲労が抜けにくくなったり、年齢を重ねたことを感じざるをえない。吉田さんは丁寧に自分の身体に向き合い、食事や身体のケア、後輩を指導する役割、年を重ねても魅力的な先輩たちに学ぶなど、次のステージに備え、向かっている。過去の立場や役割にしがみつかず、柔軟に前向きに先へ進む、そんな風に年齢を重ねたい。2019/07/31

ゆずな

15
英国ロイヤル・バレエ団など数々のバレエカンパニーでプリンシパルを務めた吉田都さんのエッセイ。彼女は若い頃ほど精神と向き合い、歳を重ねるにつれて身体との対話を大切にしたように感じた。バレエダンサーとして、ひとりの女性としてとても素敵な文章を書く方なのだなと。2021/05/15

Sakura

13
草刈民代さんの本を読んだら期待していたほどバレエ度が高くなかったので、吉田都さんへ。これこれ、こういう感じ。残念ながら彼女の舞台を見たことはないのだけれど・・・。印象的だったのは、30過ぎた頃に徐々に体に衰えを感じ始め、35で更にガタっときて、踊れる演目が減ってきたとのこと。そんなに早くから!毎日自分の体と正面から向き合って生きてこられたので、細胞レベルで敏感に感じられたのだろうなあと思いました。都さんのバレエの愛情がひしひしと伝わる1冊でした。2022/08/06

Monsieur M.

8
世界のMIYAKOが現役引退までを振り返った自叙伝。直筆の「(前略)毎日コツコツと続けることが何より大切です。「千日の稽古を鍛とし 万日の稽古を練とす」(中略)継続は力なりを今も実感する毎日です。」とのメッセージに、何ともいえない感銘を受けた。世界のトップに登り詰めた吉田都にして……。わたしもヴァイオリン の稽古、頑張ります!2019/11/20

味見

5
トップダンサーであり続けること。高いレベルに至ってもなお、高みを目指して技術を研鑽し続ける方の視点が丁寧な文章で綴られていた。舞台が見たくなった。2020/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14008047

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。