やさしい禅問答入門―禅への心理学的アプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784892427978
  • NDC分類 188.8
  • Cコード C0010

内容説明

禅問答は、なぜ理解できないのか。悟るための坐禅の作用とは。禅と心理学の融合によってアカデミックに悟りへと導く!悟るための実践本。

目次

禅と悟りへの心理学的アプローチ(心理学からとらえる「悟り」;こころのはたらきへの禅の作用;覚者と心理学)
禅における心の探求
禅宗無門関拝読

著者等紹介

青木清彦[アオキキヨヒコ]
1941年、満州国吉林省生まれ。二松学舎大学大学院文学研究科国文専攻修士課程修了。鈴木正三の「二人比丘尼」を研究中、禅に興味を持ち黄檗居士林般若窟稲山顕象(象一)老師の元で修業。現在、黄檗居士林「清黄会」会長として活躍

大竹良映[オオタケヨシエ]
1972年、東京都生まれ。武蔵野大学人間関係学部卒。認定心理士。10歳で青木清彦氏の黄檗居士林「清黄会」に入門。大学卒業後、青木氏の元で助手として禅を研究。主に心理学分野を専門に活動
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

デビっちん

2
「悟り」とは、頭で考えず、知識を得ず、言葉にとらわれずに直感をはたらかせて事象をとらえること。「悟り」を心に一番近い脳こら、心理学的に考える。(頭で考えずと矛盾する気が…) 修行者の脳が禅の作用のよって「トップダウン型処理」から「ボトムアップ型処理」へと変化するかを心理学的に考える。 座禅を熟達することにより身体の感覚神経を鋭敏にさせ、「悟り」に向かうための身体的な準備をする。看話禅では直感をはたらかせる「技能」を意識上でトレーニングし、情報コントロールを「ボトムアップ型処理」へ誘引するのではとの考え。2014/03/04

あつだい

0
入門にしては難しい。禅問答の基礎知識をある程度持っている人向け。前半は禅を心理学の観点から述べ、後半は「無門関」の訳と解説。2014/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1590225

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。