障害児(者)地域療育等支援事業ハンドブック―その理解と円滑な実施のために

個数:

障害児(者)地域療育等支援事業ハンドブック―その理解と円滑な実施のために

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 120p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784892401497
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

編者は、平成10・11年度厚生科学研究・障害保健福祉総合研究事業として『障害児(者)地域療育等支援事業の推進方法に関する研究』を実施し、「支援事業」のもつ問題や、実施主体である都道府県・指定都市・中核市の問題、実施エリアである市町村の問題、受託施設の機能や取り組み姿勢の問題など、さまざまな問題を明らかにし、その解決策を検討しました。本書では、2年間にわたる研究の成果を踏まえて、「支援事業」の基本理念や制度的枠組みを整理し、「支援事業」を構成する各事業の目的や運営方法をQ&Aもまじえながら具体的に提示しました。

目次

1章 「支援事業」創設に至る歴史的背景
2章 「支援事業」の概要
3章 「支援事業」の目的
4章 アンケート調査によって明らかになった問題点
5章 「支援事業」実施にあたっての基本姿勢
6章 「支援事業」実施要網の改正について
7章 「支援事業」実施にあたってのガイドライン
8章 実施主体の役割と事業委託のガイドライン

著者等紹介

宮田広善[ミヤタコウゼン]
姫路市総合福祉通園センター所長。厚生省研究班「障害児(者)地域療育等支援事業の推進方法に関する研究」主任研究者
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。