• ポイントキャンペーン

経済学の再生―道徳哲学への回帰

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784892054488
  • NDC分類 331.74
  • Cコード C3033

内容説明

経済学に倫理学の視点を導入、「道徳哲学としての経済学」の樹立を目指す古典的名著!アジアで最初のノーベル経済学賞受賞者、セン教授(ケンブリッジ大学)による根源的問題提起の書。

目次

第1章 経済行動と道徳感情(二つの起源;成果と弱点;経済的行動と合理性 ほか)
第2章 経済的判断と道徳哲学(効用の個人間比較;パレート最適と経済的効率;効用、パレート最適、厚生主義 ほか)
第3章 自由と結果(豊かな生、行為主体、自由;多元性と評価;完全性の欠如と過剰な完全性 ほか)

著者等紹介

セン,アマルティア[セン,アマルティア][Sen,Amartya]
1933年、インドに生まれる。53年、カルカッタ大学卒業。59年、ケンブリッジ大学で経済学博士号を取得。デリー、LSE、オックスフォード、ハーバード各大学教授を歴任。98年よりケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学長。98年度ノーベル経済学賞受賞

徳永澄憲[トクナガスミノリ]
1952年、愛媛県に生まれる。1982年、筑波大学大学院社会科学研究科博士課程修了。1992年、ペンシルベニア大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。麗沢大学教授、名古屋市立大学教授を経て、現在、筑波大学教授・麗沢大学講師

松本保美[マツモトヤスミ]
1948年生まれ。1974年、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程修了。1982年、オックスフォード大学社会科学学部大学院博士課程修了(D.Phil)。日立製作所システム開発研究所、国連貿易開発会議(UNCTAD)、麗沢大学教授などを経て、現在、早稲田大学政治経済学部教授

青山治城[アオヤマハルキ]
1951年、福井県に生まれる。1982年、筑波大学大学院社会科学研究科博士課程修了。現在、神田外語大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。