バルザック幻想・怪奇小説選集<br> ユルシュール・ミルエ

個数:

バルザック幻想・怪奇小説選集
ユルシュール・ミルエ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月05日 16時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 347p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784891766399
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

裕福な医者ミノレと、その養女ユルシュールを軸に展開する遺産相続の悲喜劇。保護者を亡くした娘は、その命さえ脅かされて…「人間喜劇」らしい活気溢れる人間描写の中に埋め込まれた神秘的なメスメリズムが、ユルシュールの運命の変転の鍵を握る。

著者等紹介

加藤尚宏[カトウナオヒロ]
1935年、東京に生まれる。早稲田大学文学部仏文科卒業、同大学大学院博士課程修了。早稲田大学大学院名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

125
最初はなぜか駅長の考えと自分の視点が重なり、ユルシュールが好きになれなかった。自分だけなら正直でいたのに、子供や配偶者が出来ると損得勘定が卑しくなる人は確かにいる。財産を狙っていた者の中にも、元は善悪の判断がきちんと出来ていた人は多いはずだ。ユルシュールは、その点、いつも清らか。しかし、欲がないということは、時にやられっぱなしになる。バルザック作品では、人の良さから割に合わない死に方をするものも多いが、ここではちゃんと帳尻を合わせる。それが何によってなされるか…、ここにバルザックの信仰心がみえる気がする。2018/03/27

NAO

54
遺産にまつわるごたごたはあまりにも人間臭くどろどろとしていて見苦しいが、バルザックが傾倒していたスウェーデンボルグやメスメリズムなどの神秘主義がふんだんに盛り込まれ、亡くなったミノレ博士がユルシュールの夢に出てくるようになってからは、途端に、話がオカルトっぽくなってくる。だが、この話は、なんといってもユルシュールの誠実さ、純粋さが印象的で、その性格ゆえに、バルザックの『人間喜劇』中、珍しい相思相愛のハッピーエンドとなっている。2017/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/265102

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。