ロシア国境記者 - 北辺の大地を駆けた日々

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり

ロシア国境記者 - 北辺の大地を駆けた日々

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784891151362
  • Cコード C0095

出版社内容情報

日本とロシアの間に横たわる不幸な歴史は、二つの国を大きく隔て、長く続いた東西の冷たい戦争が、両国民の対話の障害となってきた。海峡の向こう側には、鬼のような人々が住み、私たちに銃口を向け、今にも引き金を引こうとしているというのである。ところが、海峡の向こう側に行ってみると、そこには、自然を愛し、遠来の客を親切にもてなし、他人の苦しみを自分のことのように感じる、優しく素朴な人がいた。

NHKの元ロシア特派員が、社会主義体制崩壊後のロシアで見たものは・・・・・。国際報道の裏側で何が起こっていたのか?本書は、ソ連崩壊後のウラジオストックやモスクワを拠点に取材を重ね、長い間ベールに覆われた知られざるロシアの一面を紹介している。