ぼくは左きき―本当の自分であるために

個数:

ぼくは左きき―本当の自分であるために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月18日 10時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784889009156
  • NDC分類 491.37
  • Cコード C0011

内容説明

左きき矯正は?しないほうがいい!左きき生まれ→矯正で右ききに→苦しみ・悩み→左ききへ。そして結論は「あるがまま」で生きること。

目次

第1章 左利きあれこれ(「人」という文字の深い意味;利き手ということ;人は、素晴らしい適応力を持っている;「左利き」をめぐって;手は第二の脳)
第2章 わたしの体験から(自分が自分ではない;自分が分からなくなる;呪縛に陥る―自己の否定;体が悲鳴をあげる;森田療法との出会い)
第3章 花開く個性(自分が自分であるために;「矯正」はやめましょう;E・フロムの言葉から)

著者等紹介

度会金孝[ワタライカネタカ]
1943年、岐阜県に生まれる。小学校、中学校、高校講師を経て、大阪市立中学校教諭として、勤務。定年退職後は、再任用教諭、病欠講師、趣味などに時間を割くかたわら、いろいろな研究会に足を運んでいる。大教組教研(現在は「教育のつどい大阪」)「『平和と国際連帯の教育』分科会」には、レポーター、推進委員、世話人、共同研究者として、約35年間かかわっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。