雑誌と読者の近代

雑誌と読者の近代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 281p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784888882613
  • NDC分類 051
  • Cコード C0000

内容説明

近代日本社会の形成に大きな役割を果たした雑誌という新しい活字メディア。その登場の経緯、読者に受容される過程、ついには大衆化するまでを緻密に描く。『太陽』『中央公論』『キング』などの興亡にみる読者層の形成史。

目次

序章 近代日本の読書変容と読者
第1章 読書空間の近代―明治の公共空間と音読規制
第2章 田舎教師の読者共同体
第3章 明治期『太陽』の受容構造
第4章 『中央公論』の受容過程
第5章 戦前の女性読書調査
第6章 初期『キング』の読者層

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yurinoki

0
近代出版産業の拡大によって、それまでの反復熟読型の読書から乱読多読型に読書の形態が変わっていく過程を、読書調査や同時代の評論から読み解いていく手法が興味深かった。ただ、図書館で黙読が徹底された理由の史料的裏付けや、音読と黙読のそれぞれの意味についてより掘り下げた考察がほしかった。2021/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/276578

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。