対話の倫理―ヘテロトピアの政治に向けて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 186p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784888486330
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C3031

内容説明

異質な存在、他者との対話の磁場を求めて。他者に開かれた、異質なものが混在するヘテロトピアの可能性を探り、「対話の倫理」を構築。

目次

第1章 ポストモダン論争再考―対話的理性をめぐる係争(近代の「危機」と「批判」;対話的理性をめぐる係争 ほか)
第2章 共同体パラダイムの社会科学―基礎づけなき知と政治をめぐって(反基礎づけ主義の問題設定;「立法的理性」から「解釈的理性」へ ほか)
第3章 ポスト・マルクス主義の挑戦―ラディカル・デモクラシーに向けて(ヘゲモニーとマルクス主義の限界;アルチュセール以後の論争 ほか)
第4章 多文化主義と「承認」の正義論―アイデンティティの政治を越えて(正義論における「他者」問題;自由主義と「承認の政治」 ほか)
第5章 リヴァイアサンへの鎮魂歌―道徳性の自由を求めて(「近代」最後のプロジェクト;「よそ者」と「土地の人」 ほか)

著者等紹介

向山恭一[サキヤマキョウイチ]
1964年姫路市に生まれる。’86年慶応義塾大学法学部卒業。’91年同大学院法学研究科博士課程修了(専攻、政治思想)。現在、新潟大学助教授、博士(法学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

砂糖 翠

0
第5章のバウマンを用いた議論が一番面白かった。知ってるようで知らなかったバウマンの「近さ」を用いた議論は非常に参考になった。2016/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/892244

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。