叢書〈倫理学のフロンティア〉<br> 応用倫理学の転換―二正面作戦のためのガイドライン

個数:

叢書〈倫理学のフロンティア〉
応用倫理学の転換―二正面作戦のためのガイドライン

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784888485531
  • NDC分類 150
  • Cコード C0312

内容説明

「応用」倫理学でいいのか?使いでのある倫理学への転換。

目次

応用倫理学への/からの転換―序論に代えて
1 生命倫理学の転換(生死・時間・身体―生命倫理のいくつかの論点によせて;生命と死をめぐる実践的討議―障害新生児の安楽死問題を手がかりにして)
2 環境倫理学の転換(われわれの応用倫理学の源泉としての「水俣病事件」;自然保護・エコファシズム・社会進化論―キャリコットの環境倫理思想の検討)
3 経済とビジネスの倫理(貧困・社会政策・絶対性;ビジネスにおける倫理的まなざし―企業の道徳的責任について)
4 方法と教育への問い(「応用倫理学とは何なのか」と問う必要があるだろうか;相互行為としての「教育」―言語資本をめぐる議論を手がかりに)