幼い子の詩集 パタポン〈2〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

幼い子の詩集 パタポン〈2〉

  • 田中 和雄【編】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 童話屋(2002/11発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月13日 00時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 157p
  • 商品コード 9784887470293
  • NDC分類 911.58
  • Cコード C0092

出版社内容情報

冒頭に来るのは草野心平の「春のうた」。

ほっ まぶしいな。
ほっ うれしいな。
みずは つるつる。
かぜは そよそよ。
ケルルン クック。

石井桃子さん訳ロセッティの「ボートは川を走っていく」、阪田寛夫さんの「へびのあかちゃん」、まど・みちおさんの「水はうたいます」など収録。
大人が読んでもさまざまな発見があって楽しい、詩の宝石箱です。

田中 和雄[タナカカズオ]
編集

目次

春のうた(草野心平)
ガイコツ(川崎洋)
ボートは川を走っていく(クリスティナ・ロセッティ)
水はうたいます(まど・みちお)
島(A.A.ミルン)
くるあさごとに(岸田衿子)
親父とぼくが森の中で(デイヴィッド・マッコード)
クロツグミ(高村光太郎)
もしも春が来なかったら(与田準一)
朝がくると(まど・みちお)〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆうゆうpanda

48
幼い子の詩集その2です。今度の前書きには『はなのすきなうし』が引用されています。「牛とはいうものの~好きなようにしておいてあげました」まさに私がレビューに抜き出した部分について語られていて嬉しくなりました。子供向けのものは大人の鑑賞に堪える、いや、それ以上に上質なものを。「木は囁いているのだ ゆったりと静かな声で 木は歩いているのだ 空にむかって 木は稲妻のごとく走っているのだ 地下へ~木 ぼくはきみのことが大好きだ」『木』田村隆一より一文引用しました。大好きだと照れずに言えること。大人にも子供にも大事。2016/09/14

へくとぱすかる

40
2冊目を読んでも、やはり谷川俊太郎さんの作品はいいと思う。「おおきくなる」は、どこかで使えそうだし、読んでよかった。意外によかったのは、村野四郎の「にじ色の魚」。実存・虚無的な作品の多い詩人だけど、こんな素直に読める作品もあったのかと。そういえば卒業式でよく歌われた「巣立ちの歌」は村野さんの詞によるもの。そういう面の感性を発揮した作品なんだなあ。2018/11/09

ぼんくら

27
【「瀬田貞二」生誕100周年】イベント♪幼い子の詩集その②。編者、田中さんのまえがきがいい。詩にはみな、生まれてきたときの物語があるという。最初に載っているのは草野新平の「春のうた」。声に出したい詩がいっぱい。『幼い子の文学』の中で紹介されていた「ボートは川を走っていく」が石井桃子さんの訳だったということで載っています。2016/04/21

ゆき

17
うみとわたし/コップのうた/どんどんほったら/アリくん/おおきくなる/2018/06/10

みよちゃん

6
前書き、良かったです。内容もどれも胸にしみてきました。雑誌子どもと本には毎回,北原白秋が編集指導した児童自由詩集成・1933年刊が連載されています。その時代の子どもの様子が飾りのない気持ちをあらわしていて、また、白秋の意見、指導があって、励みになったろうなあと、羨ましくおもいました。2016/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/134436

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。