ポケット詩集

個数:

ポケット詩集

  • 提携先に7冊在庫がございます。(2022年08月18日 06時42分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 157p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784887470033
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0092

内容説明

昔の少年は詩をよく読んだものだ。それも、とびきり上等の詩ばかりを、だ。そしてよく考え、「足る」を知った。みんなへっぴり腰を恥じて涼しげな目の下に、素朴な正義感をひそかにかくしていた。子どもよ、そして子どもの心を持った大人たちよ、この時代にとびきり志の高い詩を読みなさい。

目次

雨ニモマケズ(宮沢賢治)
聴く力(茨木のり子)
くまさん(まど・みちお)
学校(辻征夫)
虫の夢(大岡信)
I was born(吉野弘)
系図(三木卓)
ぼくがここに(まど・みちお)
秋の夜の会話(草野心平)
練習問題(阪田寛夫)〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

183
大人になると自由になれると思っていた。早くなりたかった。しかし、あれもこれもしては駄目、子どもの頃より難しい。正しさを貫けず、過ちを恐れ、すべては控えめに振る舞っている。だから光を浴びたくなる。風に吹かれながら、生きていることの懐かしさに胸が熱くなるその瞬間を探していたくなる。あの山を越え、この自由の一角に立ち、夜の海より複雑なこの世界に溺れている。永遠のような錯覚が、雑踏に紛れる。明かりが見える。月に背を向ける。一冊の本を握りしめ、大地が濡れていく。…そんな思いが募る詩集。浮かぶ景色は人それぞれである。2022/01/09

新地学@児童書病発動中

120
今回再読してこの詩集は、友達のようなものだと思った。単なる紙の集合体ではなく、本を開けば、自分の心に寄り添ってくれる言葉たち。悲しいとき、さびしいとき、やりきれないときなど、ここに収録されている詩はそんな辛い状態をあっという間に解消してくれる。言葉の力を信じることができたら、どんな薬よりも心によく効く。それだけではなく、楽しい時や嬉しいときに読むと、その喜びがさらに大きくなるのだ。これからも宝物の本の一つとして、繰り返し読んでいきたいと思う。2015/06/22

新地学@児童書病発動中

112
ここに登録してから5回読んだ詩の選集。その前にも読んでいるので10回以上は読んでいると思う。読むたびに自分の血肉になる内容を持っている。どのようにして人生を生きていくかということを説いた詩が多く、その点が特に気に入っている。冒頭に宮沢賢治の「雨ニモマケズ」が置かれているのが象徴的で、たとえ人に認められなくても、馬鹿にされても愚直に生きていくことの意味を、読み手に問いかける。強烈な印象を残す「便所掃除」も、賢治の精神と共通するものがある。今回読んで、この本は自分の原点の一つだと思った。繰り返し立ち返りたい。2017/01/22

PEN-F

48
読友さんに頂いた詩集😊 工藤直子さんめっちゃ可愛ええのぉ〜♬😍(笑)。んでも、谷川俊太郎さんの詩が飛び抜けて1番グッときました。【好きな一文】“死んだ兵士の残したものは、壊れた銃とゆがんだ地球、他には何も残せなかった。平和ひとつ残せなかった。 死んだ歴史の残したものは、輝く今日とまた来る明日、他には何も残っていない。” 2021/04/04

新地学@児童書病発動中

44
何回も読んでいますが、読むたびに愛着が深まる詩のアンソロジーです。難解なものは1つもなくて読みやすいです。詩が苦手な方にも自信を持ってお勧めします。考えさせるもの、くすりと笑えるもの、じーんと感動するもの、強烈な印象を残すものなどバラエティに富んでいます。まどさんの最高傑作で命の重みをシンプルな言葉で表現した「ぼくが ここに」と、誰もが嫌がることを誰がやらないといけないという濱口國雄の「便所掃除」が私のベスト。2009/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/509771

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。