トンボブックス<br> 京都の市電 昭和を歩く―街と人と電車と

個数:

トンボブックス
京都の市電 昭和を歩く―街と人と電車と

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 21判/ページ数 191p
  • 商品コード 9784887162068
  • NDC分類 686.9
  • Cコード C0065

内容説明

昭和の時代を走り続けた京都市電のある風景をいま求めて。全線全停留場廃止時の163停留場をすべて紹介。

目次

巻頭グラフ(市電に乗って京都を巡る;はじめに ほか)
テーマ別グラフ(明治の香りを漂わせて;朝陽に輝いて ほか)
カラーページ(カラーで振り返る 市電が走った昭和の街へ;京都市電いま・むかし 京都駅前・四条大宮・祇園 ほか)
カコミ記事 京都市電TRIVIA(京都駅前の変遷を見る;どうして交差点で曲れるの? ほか)

著者等紹介

福田静二[フクダセイジ]
昭和24(1949)年6月、京都市上京区生まれ。京都から市電が消えていくのを惜しんで、昭和36年の北野線の廃止から撮影を続け、全廃まで記録を続ける。会社退職後の毎日も、鉄道の良き時代を偲んで記録・公開を続け、京都市電の写真展も数回開催する。同志社大学鉄道同好会クローバー会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。