近代日本における衛生の展開と受容

個数:

近代日本における衛生の展開と受容

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月03日 01時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 315p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887139701
  • NDC分類 498.021
  • Cコード C3036

内容説明

近代国家において展開・普及されてきた衛生制度や衛生規範、それは博愛という非政治的戦略を通して、住民全体を―時に生産者として時に兵士として―国家に貢献しうる国民へと陶冶・管理する強力な政治技術でもあった―学校衛生をはじめ、近代日本における「衛生」の概念・制度・実践の歴史を詳細に検証・考察するとともに、多くの聞き取りによって、必ずしも政策意図とは合致しない住民側の受容の様相を浮き彫りにした、充実の歴史社会学研究。

目次

序章 課題と方法
第1章 近代医事衛生制度の成立と衛生思想
第2章 学校口腔衛生の確立と歯科学の専門職化
第3章 衛生経験の聞き取り
第4章 新中間層家族における母親の衛生戦略
補遺 「京城府」の衛生経験
第5章 身体化される/されない衛生実践
終章 近代日本の衛生経験

著者等紹介

宝月理恵[ホウゲツリエ]
1976年大阪府生まれ。2008年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了。博士(社会科学)。現在、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科リサーチフェロー。専門は社会学(健康と病いの社会学、医療の歴史社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。