シリーズ『大学の授業実践』<br> 作文の教育―「教養教育」批判

個数:
  • ポイントキャンペーン

シリーズ『大学の授業実践』
作文の教育―「教養教育」批判

  • 宇佐美 寛【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 東信堂(2010/03発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 40pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 148p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784887139664
  • NDC分類 377.15
  • Cコード C3337

内容説明

読み書きの学力を育てない教養教育は「丸い三角」のような矛盾概念であり、有害無益である。読み書きの学力はコミュニケーションの目的・相手の有る「作文」の教育でこそ育つ。「専門教育」はそのための最適な場である。読み書きの学力を同時に育てつつ行われる専門教育こそが、そのまま教養教育である。そのためには専門教育の内容・方法を変革せねばならない。「講義」という旧い間違った教育方法をやめよう。最も具体的な大学授業実践報告。

目次

第1章 講義をやめよう
第2章 作文はコミュニケーションである
第3章 形式主義の作文―コミュニケーション離れ
第4章 「教養教育」批判