未来を拓く人文・社会科学シリーズ<br> 「対テロ戦争」の時代の平和構築―過去からの視点、未来への展望

個数:

未来を拓く人文・社会科学シリーズ
「対テロ戦争」の時代の平和構築―過去からの視点、未来への展望

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887138575
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0330

内容説明

「対テロ戦争」という命題が孕む錯誤と危険性。中東、バルカン、アフリカはじめ、繰り返される「大虐殺」の事例に学び、その予防策と「人間の安全保障」のあり方を総合的に追求する。

目次

第1章 「対テロ戦争」の克服と平和構築
第2章 ジェノサイドへのアプローチ―歴史学的比較研究の視点から
第3章 歴史と現在―「アルメニア人虐殺」の場合
第4章 アゼルバイジャンにおけるジェノサイドをめぐる負の連鎖
第5章 バルカンにおける負の連鎖―ボスニア内戦を中心に
第6章 カンボジアの大量虐殺―民族解放闘争の帰結
第7章 ルワンダのジェノサイド―その起源と殺戮の主体をめぐって
第8章 イスラエルによるレバノン攻撃とその影響―国内・地域的な視点から
第9章 ヒズブッラーを支持する「イスラエル市民」たち―アラブ人市民のエスニシティ
第10章 アメリカの対外介入―歴史的概観

著者等紹介

黒木英充[クロキヒデミツ]
1961年生まれ、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授。研究テーマ:シリア・レバノン地域の19世紀の歴史を、ムスリムとキリスト教徒・ユダヤ教徒との社会関係の変化に焦点を当てて研究している。現在、レバノンにある「中東研究日本センター」のセンター長を兼ね、東京とベイルートの間を往復している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かじやん0514

0
平和構築(この訳語に問題があるが)の実態というよりも、それ以前の、平和のない状態についての論考が多かったかな。当然か。2010/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/207382

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。