不自然な母親と呼ばれたフェミニスト―シャーロット・パーキンズ・ギルマンと新しい母性

個数:
  • ポイントキャンペーン

不自然な母親と呼ばれたフェミニスト―シャーロット・パーキンズ・ギルマンと新しい母性

  • 山内 惠【著】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 東信堂(2008/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 64pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月21日 06時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 219p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887138407
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C3036

内容説明

働く母親の社会進出は先進諸国ではあたりまえとされる現代、出産・育児に伴う女性の役割分担と意識改革は、未だなお先進国共通の懸案の一つだ。20世紀への転換期のアメリカ合衆国において、働く母親のための共同保育を提案し、「不自然な母親」と厳しい批判を浴びながらも、毅然として闘った一人のフェミニストがいた。その生涯と日本での受容を考察し、母性のあるべき位相を追求した、わが国初のギルマンのモノグラフ。

目次

序論 シャーロット・パーキンズ・ギルマンと新しい母性
第1章 病んだ母性の発見
第2章 新しい母性の模索
第3章 「ハーランド」、あるいは「ニュー・マザー」のユートピア
第4章 ギルマンのフェミニズム思想と日本の受容
エピローグ ギルマンの新しい母性と近代フェミニズムの課題

著者等紹介

山内惠[ヤマウチメグミ]
1970年愛知県立大学外国学部卒業。日本通運(株)、日立金属(株)での就労を経て、長男の出産を機に退職。「友の会」(羽仁もと子創刊の『婦人之友』の読者の集まり)に10年間在籍し、3人の子どもの子育てと主婦業に専念。1990年埼玉大学教養学部学士入学(42歳)。1992年埼玉大学大学院文化科学研究科入学。1994年東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程入学。1998年~1999年コーネル大学大学院留学。2001年東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程満期退学。2002年東京外国語大学大学院より学術博士号授与。現在、清泉女子大学、桜美林大学、埼玉工業大学、東京女子大学にて非常勤講師。熊谷市男女共同参画審議会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。