公害被害放置の社会学―イタイイタイ病・カドミウム問題の歴史と現在

個数:

公害被害放置の社会学―イタイイタイ病・カドミウム問題の歴史と現在

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月03日 00時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 374p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887138001
  • NDC分類 561.98
  • Cコード C3036

内容説明

一般にすでに解決済みとみなされている公害問題だが、実はその後も見捨てられていた被害者が後を絶たない。こうした「被害放置」を生み出す理由は何か―四大公害訴訟中最も成果を収めたとされるイ病・カドミウム問題が抱える生々しい歴史と現状を、社会学的分析に基づき精緻に再検証し、この種の「放置」は公害問題のみならず、わが国の行政・医療・社会の暗部に横たわる広範かつ本質的な現象であることを、強烈に示唆した労作。

目次

被害放置に着目する意味
イタイイタイ病の発見はなぜ遅れたのか
公害病を否定する政治―現在に続く「まきかえし」
否定された公害病―対馬・生野のイタイイタイ病とカドミウム腎症
予防と放置―カドミウム腎症をめぐる対応の地域差が意味するもの
イタイイタイ病医学研究班の社会学―イタイイタイ病カドミウム説「保留」のしくみ
富山で今、問われていること―認定問題と不服審査請求
農業被害はなぜ軽視されるのか―土壌汚染をめぐる被害放置の構造
食品中カドミウム濃度基準の現在
イタイイタイ病をめぐる差別と被害放置
イタイイタイ病をめぐる被害構造と放置
公害被害放置の社会学
付論 アジア・オーストラリア地域の鉱工業開発に伴う環境問題の社会的実態とイタイイタイ病闘争の意義

著者等紹介

飯島伸子[イイジマノブコ]
1938年、朝鮮生まれ、東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。東京都立大学人文学部教授、富士常葉大学環境防災学部教授、等。2001年逝去

渡辺伸一[ワタナベシンイチ]
1962年、新潟県生まれ、東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学。大分県立芸術文化短期大学専任講師を経て、奈良教育大学教育学部准教授

藤川賢[フジカワケン]
1966年、東京都生まれ、東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程満期退学。現在、明治学院大学社会学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。