第一次大戦と西アフリカ―フランスに命を捧げた黒人部隊「セネガル歩兵」

個数:

第一次大戦と西アフリカ―フランスに命を捧げた黒人部隊「セネガル歩兵」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月24日 03時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 378p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887084223
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1022

内容説明

第一次大戦時、フランス領西アフリカから駆り出された若者たち「セネガル歩兵」は17万人。人類がそれまでに経験したことのない近代兵器による大量殺戮の場にいきなり送り込まれ、四年余に及んだ戦いで命を失い、傷を負った者は数多い。かつて奴隷貿易が続いた四〇〇年間のどの四年余に捕らわれた奴隷の数より、この四年余に徴兵された人数の方がはるかに多いという。歴史の表に出ていなかったこの兵たちの実態を究めた。

目次

第1部 マンジャン、ジャーニュ、ヴォレノーヴェン―三つの個性(第一次大戦前、フランスの社会状況;シャルル・マンジャンと西アフリカ植民地兵起用論 ほか)
第2部 西アフリカ植民地とは何だったのか?(フランス植民地統治原理としての同化と協同;セネガル歩兵部隊とは何だったのか ほか)
第3部 西アフリカ特派共和国高等弁務官ブレーズ・ジャーニュ(西アフリカ特派共和国高等弁務官;ヴォレノーヴェンとジャーニュ ほか)
第4部 補遺(セネガル歩兵と「女性」;第一大戦後のセネガル歩兵)

著者等紹介

小川了[オガワリョウ]
1944年台湾生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科を経て、パリ大学第5(ソルボンヌ)民族学専攻修士課程修了。国立民族学博物館助手、同助教授、京都精華大学人文学部教授を経て、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授で定年退職。文学博士(総合研究大学院大学)。現在、東京外国語大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。