佐渡の五重塔―日蓮宗妙宣寺五重塔の歴史

個数:

佐渡の五重塔―日蓮宗妙宣寺五重塔の歴史

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784887084148
  • NDC分類 521.81
  • Cコード C1021

内容説明

佐渡に配流された日蓮を身を挺して世話し、後に妙宣寺開山となった阿仏房日得と、その妻千日尼とを祀る開山堂。全国22基ある重要文化財の五重塔の内、最後に指定を受けた小さな塔の凄絶な歴史。文政10年に再建されるまでの92年間、どのようにこの事業は成し遂げられたのか、造塔に関わった多くの人々に丁寧に光を当てながら辿る。

目次

第1章 日蓮の佐渡配流と阿仏房妙宣寺(阿仏房妙宣寺;日蓮―打ち続く法難と佐渡への配流 ほか)
第2章 開山堂再建の開始(妙宣寺第二五世日機;甲府信立寺における日機 ほか)
第3章 再建事業の復活と五重塔の完成(妙宣寺第三一世日體;文政五年の江戸出開帳 ほか)
終章 佐渡と不受不施派(鍋かむり日親と妙宣寺;不受不施派の祖日奥 ほか)
付篇(妙宣寺の寺領について―「河内坊」と「あぶつ寺」;阿仏房妙宣寺中興の祖一八世日英について)

著者等紹介

児玉信雄[コダマノブオ]
1933年10月島根県津和野で誕生。1956年3月新潟県立佐渡高等学校卒業。1960年3月国立新潟大学人文学部史学科卒業、4月県立六日町高等学校教諭(以後退職まで県内高校教諭)。1965年新潟県史資料編編纂始まる。「資料編・通史編」終了まで調査員。1994年県立佐渡高等学校教諭退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。