刀水歴史全書<br> 敗北しつつある大日本帝国―日本敗戦7ヵ月前の英国王立研究所報告

個数:

刀水歴史全書
敗北しつつある大日本帝国―日本敗戦7ヵ月前の英国王立研究所報告

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784887083615
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C1321

内容説明

連合国首脳がヤルタで戦後処理を語りあう前、イギリスの王立研究所は、対日政策の冷静な分析を行なっていた。イギリスの底力を示した報告書。

目次

第1章 皇室と憲法
第2章 軍隊
第3章 国粋主義者の団体
第4章 行政と警察
第5章 日本の自由主義者
第6章 外国に対する態度
第7章 宗教
第8章 教育が日本人の性格に与えた影響
第9章 日本の婦人
第10章 経済の見通し
第11章 財政
第12章 人口問題
第13章 農民の重要性
第14章 結論

著者等紹介

坂井達朗[サカイタツロウ]
1939年4月東京に生まれ、長野県で育つ。1968年3月慶應義塾大学大学院社会学研究科単位修得退学。1973年10月愛知大学文学部助教授。1987年4月慶應義塾大学文学部教授。2004年4月慶應義塾大学名誉教授。帝京大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。