巨大都市ロンドンの勃興

個数:

巨大都市ロンドンの勃興

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月25日 19時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887082373
  • NDC分類 233.3
  • Cコード C3022

内容説明

本書は『巨大都市ロンドンの勃興』と題し、ロンドンが都市共同体的枠組みを破り、巨大化し、また近代へ向けて変容してゆく際に直面した諸問題を検討している。

目次

第1章 近世ロンドン史研究の動向と課題―「危機」と「安定」を中心に
第2章 近世ロンドンにおける郊外―イースト・エンドとウェスト・エンド
第3章 近世前期ロンドンの「秩序」と「無秩序」―浮浪・酒場・騒擾を中心として
第4章 王政復古期以後のロンドン社会―安定をめぐる議論の視座から
第5章 近世パリの「危機」と「安定」―パリ史からのコメント
第6章 17世紀の江戸
第7章 14世紀ロンドン市民の孤児と未亡人
第8章 イギリス革命期ウェストミンスターにおける教区政治をめぐって―セント・マーティン教区の救貧行政を中心に
第9章 16、17世紀前半ロンドンの職業構造変化とリヴァリ・カンパニー―「ミドリング・ソート」形成への展望

出版社内容情報

都市共同体的な古く小さなロンドンが巨大化・近代化する際に直面した諸問題を社会経済史学会66回大回以来討論し,パリ・江戸と対比し,さらにロンドンにかかわる諸論文を加えて巨大都市(・giant・city)を視る