TOTO建築叢書<br> 重奏する建築―文化/歴史/自然のかなたに建築を想う

個数:

TOTO建築叢書
重奏する建築―文化/歴史/自然のかなたに建築を想う

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月24日 03時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887063297
  • NDC分類 520.4
  • Cコード C3052

内容説明

近代をも含む建築の歴史と現代都市までをレファレンスとする思考から岸和郎が語る設計の根拠。

目次

第1章 「建築と秩序」について
第2章 場所と文化を読む―香港
第3章 場所と文化を読む―ソウル
第4章 場所と文化を読む―東京・京都
第5章 中庭・屋上庭園―都市に棲む
第6章 自然に呼応する建築
第7章 歴史と今日性を読む
第8章 概念としての構造について
第9章 建築を「分析」すること

著者等紹介

岸和郎[キシワロウ]
1950年横浜市生まれ。1973年京都大学工学部電気工学科卒業、1975年同大学工学部建築学科卒業、1978年同大学大学院修士課程建築学専攻修了。1993年~2010年京都工芸繊維大学にて教鞭をとる。UCバークレー校、MITで客員教授を歴任。現在、京都大学大学院教授。「日本橋の家」で日本建築家協会新人賞、ケネス・F・ブラウン・アジア太平洋デザイン賞功労賞、日本建築学会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。