人工社会の可能性
人工社会構築指南―artisocによるマルチエージェント・シミュレーション入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 446p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784886115034
  • NDC分類 301
  • Cコード C3030

内容説明

汎用マルチエージェント・シミュレータartisocを使い、「人工社会」という新しい社会分析の発想と手法を、懇切に説く完全版入門書。

目次

第0部 人工社会をもっと身近に(人工社会を作ろう;なぜ人工社会を作るのか ほか)
第1部 モデル作りの基本を身につける(シミュレーションの準備をする;エージェントを動かす ほか)
第2部 人工社会の発想と技法に慣れる(状況に応じた行動の選択肢を増やす;エージェントの属性を豊富にする ほか)
第3部 本格的な人工社会をめざす(エージェントを空間上で複雑に動かす;属性を文字列で表す ほか)
第4部 研究・実務のツールにする(実行順序を制御する;モデルのミスをチェックする ほか)

著者等紹介

山影進[ヤマカゲススム]
1972年東京大学卒業、1982年マサチューセッツ工科大学Ph.D.、1991年より東京大学教授。専門は国際関係論、特に国際関係理論、比較地域体系、ASEAN(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。