東京80年代から考えるサブカル―ストリート・音楽・ファッション・宗教・現代思想

個数:

東京80年代から考えるサブカル―ストリート・音楽・ファッション・宗教・現代思想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月22日 22時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 327p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784886114815
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C0095

目次

米原康正×仲正昌樹×菩提寺伸人 2017・12・10セッション
信國太志×仲正昌樹×米原康正×菩提寺伸人 2018・6・20セッション
根本敬×仲正昌樹×菩提寺伸人 2018・6・20セッション

著者等紹介

仲正昌樹[ナカマサマサキ]
1963年広島生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修了(学術博士)。金沢大学法学類教授。専攻は政治思想史、ドイツ文学。著作多数

米原康正[ヨネハラヤスマサ]
編集者、アーティスト。東京ストリートな女子文化から影響を受けたその作品は、雑誌などメディアの形をして表現されることが多く、90年代以降の女子アンダーグランドカルチャーの扇動者でもある。早くから中国の影響力を強く感知し、そこでいかに日本的であるかをテーマに活動を展開、現在中国のSNS、微博のフォロワー280万人。編集者からカメラマンに、さらに2017年より前髪をテーマに写真に自らがペイントした作品を発表。二年間で10回以上の展覧会を国内外で開催し、大好評を得る。若いアーティストたちのキュレーション活動も精力的に行い、+DA.YO.NE.というコラボレーションブランドも始動した

信國太志[ノブクニタイシ]
テーラー/デザイナー、仏教徒、サーファー、保守論客。97年英、セントマーチン美術大学ファッションデザイン修士課程修了。98年ロンドンコレクションにてデビューショー。99年TAISIHI NOBUKUNI設立。03年TAKEO KIKUCHIクリエイティブディレクターに就任。04年毎日ファッション大賞新人賞。06年毎日広告大賞

根本敬[ネモトタカシ]
1958年東京生まれ。81年「ガロ」で漫画家デビュー。幻の名盤解放同盟員

菩提寺伸人[ボダイジノブト]
精神科医。都庁前クリニック院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。