近世「食い倒れ」考

個数:

近世「食い倒れ」考

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784885918193
  • NDC分類 216.3
  • Cコード C0021

内容説明

京の着倒れ、大坂の食い倒れ、江戸の呑み倒れ。「諺」を通して江戸時代大坂の相対的位置を探る。

目次

1 大坂と「食い倒れ」
2 「食い倒れの大坂」観の成立
3 天下の台所への道
4 大坂三大市場の整備と石丸定次
5 町の建設は町人の手で
6 江戸と大坂―逆転の構図
7 食・住にみる逆転

著者等紹介

渡辺忠司[ワタナベタダシ]
1947年(昭和22年)、愛媛県に生まれる。大阪経済大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。現在、大阪市史料調査会主任調査員。仏教大学・大阪大学非常勤講師。日本経済史(近世)専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のりたま

1
「京の着倒れ、大坂の食い倒れ、江戸の吞み倒れ」という諺をテーマに書かれた大坂の歴史の本。食い倒れが大坂から江戸に取って代わる過程を追っている。「諺」という語は近世には現在より軽い意味で使われているので、筆者が言うほど重い意味はないのではないか。167頁池田正樹『難波噺』について、池田が引用した節用集がいつごろのものか不明とあるが、これは池田の記憶違いで『節用集』ではなく『人国記』にある記述だと思う。三都を比較した狂詩は江戸時代に流行し、食い倒れの語も当然出てくるが、用例がまったくないのが残念だった。2020/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1593464
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。