鬼の血脈―「電力人」135年の軌跡

個数:

鬼の血脈―「電力人」135年の軌跡

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月19日 20時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 709p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784885555190
  • NDC分類 540.921
  • Cコード C0030

内容説明

民有民営か国管か!?松永安左ェ門から今に至る「闘いの譜」。競争と脱炭素化時代の電気事業の行方は?歴史が未来を語る―。その時、歴代の経営者、官僚、政治家はどう動いたのか!

目次

第1部 電気事業体制の変遷(民有民営電気事業の創業と発展(1886~1939年)
電力国家管理と日本発送電(1939~1951年)
9電力体制の確立と電力自由化(1951~2011年) ほか)
第2部 激動の10年!福島第一原子力発電所事故、東電「国有化」、発送電分離(2011年~)(東日本大震災の衝撃、計画停電実施へ;東電・福島第一原子力発電所事故;「その時、現場は」;原子力損害賠償支援機構の設立;政権の仕掛けと迷走、「脱原発」 ほか)

著者等紹介

中井修一[ナカイシュウイチ]
1949年北海道生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。(社)日本電気協会新聞部(電気新聞)に入る。編集局長、同協会新聞部長、理事などを経て(一財)電力中央研究所の研究アドバイザーを務め、現在、電力・エネルギー分野の執筆活動に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

okadaisuk8

0
明示の黎明期から現代まで、電力業界と行政の歴史を振り返る。特に電力会社目線の記述となっているところが政官中心になりがちな類書と違い興味深い。時代の要請に従い、水力、石炭、石油、天然ガス…と電源を変え、安定供給に取り組んできた電力会社。世界中が脱炭素にひた走る中、再び再生可能エネルギー(それとも次世代型とかの原子力?)など新たなエネルギ-に転換できるか?読むとできるような気もするし、一方でこれまでと違い旺盛な電力需要の伸びが期待できない中、投資が進むのかという不安も感じる。2022/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18967270

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。