教育基本法「改正」案と国会審議の検討―憲法第26条(普通教育)にてらして

個数:

教育基本法「改正」案と国会審議の検討―憲法第26条(普通教育)にてらして

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 142p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784885271779
  • NDC分類 373.2
  • Cコード C0037

目次

第1章 「政府案」を検討する(理由なき「改正」への情熱とその正体;さかのぼるべき「根本」とは;法案の確定まで;逐条検討;「民主党案」についての検討)
第2章 「政府案」をめぐる国会審議(教育内容のみならず指導方法まで統制する;「学ぶ意欲の低下」の原因は「社会が豊かになったから」?;普通教育と義務制の関係についての混乱;国の責任を放棄し、地方公共団体の責任に転嫁する;教育内容に対する国家的介入を抑制できるのか?;「教育振興基本計画」策定・実施権限の法定化さえ握れば!)

著者等紹介

武田晃二[タケダコウジ]
1943年北海道生まれ。1966年北海道学芸大学(現・北海道教育大学)札幌分校卒業。1968年北海道大学経済学部卒業。1976年北海道大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。岩手大学教育学部教授(専攻・教育学、普通教育論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。