「成功」と「失敗」の法則

個数:

「成功」と「失敗」の法則

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 10時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 135p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784884748227
  • NDC分類 159
  • Cコード C0034

内容説明

27歳で京セラを創業、52歳で第二電電(現KDDI)を起業し、両社あわせて約5兆円の企業へと躍進させた事業家が自らの体験をもとに語る。仕事にも人生にも法則がある。その法則にのっとった人間は成功し外れた人間は失敗する。稲盛哲学のエッセンス17編を収録。

目次

第1章 人生の目的(試練を通じて人は成長する;心が決める地獄・極楽;なぜ哲学が必要なのか;今日よりよき明日のために)
第2章 思いの力(善き思いをベースとして生きる;動機善なりや、私心なかりしか;幸福は心のレベルで決まる;人生とは心の反映である)
第3章 自らを慎む(才能を私物化してはならない;誠を尽くし、誰にも負けない努力を続ける;豊かさとは「足るを知る」こと;反省ある日々を送る)
第4章 道をひらくもの(働くことの大切さ;ひたむきに打ち込む;人間としての正しい生き方;徳に基づき、組織を治める;「知恵の蔵」をひらく)

著者等紹介

稲盛和夫[イナモリカズオ]
昭和7年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。34年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、平成9年より名誉会長を務める。昭和59年には第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。平成13年より最高顧問。このほか、昭和59年に稲盛財団設立、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。また、若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5 よういち

101
仕事にも人生にも法則がある。「新・経営の神様」の異名をとる稲盛和夫の人生哲学◆経営に限った話ではなく、人としてどう生きるのかも学べる本。名言がいっぱい。◆試練を通じて人は成長する。苦難に直面した時に、打ち負かされて夢を諦めるのか、苦労と思わず努力を重ねるかで人間的成長ができるかどうかが決まる。/哲学という根っこを張らなければ、人格という幹を太くまっすぐに成長させられない。/人生の目的は「心を高める」「魂を磨く」こと。生まれた時より少しでもマシな人間に、わずかなりとも美しく崇高な魂を持って死んでいく。(続)2020/07/01

ぱんにゃー

31
稲盛さんは 「人間が生きている意味、人生の目的とは 「心を高める」こと「魂を磨く」こと」と言い切っています。また、「試練を通じて人は成長する」ともあります。 ありがとうございます。/でも〜、稲盛さんだから〜 と言った方は(コ)メントへ2014/02/04

奏市

21
文字大きく文章量少ない中に、経営、生きることについてのエッセンスが詰まっている。経営に関し悩み続けた結果、若い頃から「人間として何が正しいか」を常に判断基準にしていくことにしたとは、なかなかできることじゃないと思う。苦難だけでなく成功、僥倖さえも試練である、と。この発想の転換はどこから来るんだろう。教えられればなるほどと思える事に、自らその考えに至る人たちは、何がきっかけでそう思うようになるんだろう。経験なのか、読書によってヒント得ているのか。「宇宙の意志」非科学的なものも偉大な人物が言えばしっくりくる。2020/06/04

Shinchan

20
ビジネス書とというよりは、人としての生き方を説いている本だと思う。2017/07/14

中島直人

11
本当に凄い人だなと感じさせてくれる本。特に謙虚さが圧倒的。経営の神様と崇められるのも宜なるかなと実感する。2017/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/559498

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。