勝って打つ剣道

個数:

勝って打つ剣道

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 125p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784884584221
  • NDC分類 789.3
  • Cコード C3075

内容説明

強く、正しく、美しい剣道で勝つ。一足一刀の間合から一拍子で打つ剣道を求める。

目次

稽古の求め方―基本稽古と上懸かりの稽古で鍛える
相手を崩す―中心を攻める剣道を軸に圧力をかける
送り足で身につける基本―踏み込み足は送り足の応用である
面技に磨きをかける―剣道は面に始まり、面に終る
小手技に磨きをかける―足腰で打つと技に冴えが生まれる
突き技に磨きをかける―速さよりも間合取りが重要。腰で突く
胴技に磨きをかける―手首を返して刃筋を立てて打つ
素振り―一本に直結する素振りを実践する
引き技―丹田に力を込めて正しい鍔ぜり合いから崩す
応じ技を身につける―相手の心の動き、癖を情報として蓄積していく
応じ技を身につける2―応じ技に直結する切り返しを実践しているか
上段対策―身の入りが大切。相手を迷わせて突く
一人稽古―時間に限りがある市民剣士こそ一人稽古に取り組むこと
対談・古川和男の教え 栄花直輝―いつも全力で取り組む 日本一をめざす後ろ姿を追い続けた
対談・古川和男の教え 栄花英幸―基本を徹底して学んだ高校時代 剣道の基本が人生の基本につながる

著者等紹介

古川和男[フルカワカズオ]
昭和29年長崎県生まれ。西海学園高校から東海大学に進み、卒業後、東海大学第四高校(現東海大学札幌高校)の教諭となり、平成29年3月に定年退職。主な戦績として全日本選抜八段優勝大会優勝・2位、全日本選手権大会2位、世界選手権大会個人2位、スポーツアコード武術大会個人優勝2回などがある。基本を徹底する指導理論に定評があり、東海大札幌高校を実力校に育てるとともに、第14回世界剣道選手権大会において日本代表のコーチ、そして現在、第18回世界剣道選手権大会に向け、日本代表監督をつとめる。剣道範士八段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。