バットマンは飛べるが着地できない―アニメ・特撮のヒーローを科学する

個数:
電子版価格 ¥1,122
  • 電書あり

バットマンは飛べるが着地できない―アニメ・特撮のヒーローを科学する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 21時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883929924
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0040

内容説明

ヒーローの秘密を科学で解明する。

目次

ゴルゴ13が超一流なわけ―地球の自転がゴルゴの銃弾に与える「コリオリの力」
シャアザクが量産型ザクの3倍のスピードで動けるわけ―作用・反作用の法則と運動量保存の法則
ライダーキックのバージョンアップと回転効果―回転によって得られる強力なジャイロ効果
銀河英雄伝説での荒業・ブラックホールを用いた脱出―天体の重力を利用したスイングバイ
夢の合金、超合金Zとガンダリウム合金―ロボットを形づくっている合金の特性
聖闘士星矢が教えてくれる力学の基礎―とても重要な速度・加速度・力・質量
バットマンは着地に失敗して死ぬ―航空力学でヒーローを分析する
ギャバンから宇宙エレベータまで・回転のお話―円運動が持ついくつもの力
MSザクは動力パイプをちぎられると動かないのか?―アクチュエータはロボットの縁の下の力持ち
ゲッターロボを変身させる形状記憶合金のすごさ―身近なところで利用されているロボットの材料
電波人間タックルの「電波投げ」に見る電磁力―電磁気学の基礎を使った必殺技
るろうに剣心に登場する必殺技のカギは「波」―剣心のお話から地震のお話まで

著者等紹介

木野仁[キノヒトシ]
福岡工業大学工学部に勤務する教授。博士(工学)。専門はロボット工学。過去に日本ロボット学会・評議員および代議員、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門第7地区技術委員会・委員長などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

5
超有名な同様のコンセプトの本に比べてなんとなく浅く感じます。文章もどっちつかずで中途半端な印象。2018/06/02

たかひー

1
★★★ 空想科学読本とは著者も書いている通りコンセプトをずらしている。内容は平易なものが多く、空想~ほどの衝撃、面白さは感じられず。ただ、物理の基礎的な勉強にはなった。2019/04/29

はちみつ

1
ちょっと簡単すぎて面白くなかったかも(理系だからかも)...2016/12/06

Yuta Goto

1
知っている知識を組み合わせながらいろいろテレビや映画を見るとおもしろくなるかもね.ターミネーターの実現も含めて.2015/02/03

ぷくらむくら

1
ヒーロー物のリスペクトに満ち溢れた本。科学本としては丁寧な造りだが、SF本としてもう少し飛び抜けた発想を楽しみたかった。2014/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8069444

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。