ナチスの陰謀 - ナチスが実現させようとしていた世界とは?

電子版価格 ¥519
  • 電書あり

ナチスの陰謀 - ナチスが実現させようとしていた世界とは?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883929047
  • NDC分類 234.074
  • Cコード C0031

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

majiro

4
これもやはり、飲んだ帰りにコンビニに寄るとつい買ってしまうシリーズ・・・。広く浅い入門編。でも、広く浅い知識にも乏しいため、まあそれなりに楽しんで読めた。ナチスについては、ヒトラーが生き残って地下帝国を作ってUFO飛ばしてる説とかいろいろあったけれど、そんなのを集めてみても面白いかもしれない! 2014/03/27

Asaya

3
興味深い内容だった。ユダヤ人ホロコーストのように人道的でないイメージが強いが、その反面人心を掌握するためにきめ細やかな国民への配慮をしていたのは驚きだ。女性・子供・教育・福祉、荒廃した家族の更生、中小企業の保護、天下りの禁止など現在の政治も見習うべき点は多々ある。さらに抜群の科学力と軍事力、そしてヒトラーのカリスマ性とリーダーシップ。ドイツ国民が熱狂し、ナチスが世界に闘いを挑んだのも仕方ない。しかしやはり間違っていた。混沌とした現在、再びヒトラーのような天才と狂気を併せ持った指導者が現れないことを願う。2013/03/09

bora618

2
コンビニ本。ページの半分は写真。歴史を知らなさすぎる自分にとっては気楽に読めて楽しかった。2015/12/27

𝕲𝖊𝖓𝖊𝖘𝖎𝖘𖢲

1
所謂コンビニ本。秀逸なるプロパガンダの数々や政治力、科学・発明等ナチスに関しては基本的なことをまとめた内容で陰謀とは大袈裟。因みに、高速道路、年末源泉徴収、有給休暇、合成ゴム、人口石油、録音機、ロケット開発(後のアポロ計画)、ヘリコプター、TVのお見合い番組、料理番組、聖火リレー、これらはナチスが開発した物事の一部。ナチスが行った残虐行為は決して許されないものではあるし、ナチスを悪の側面でのみ見られることも仕方無い。しかし、ナチスが開発した技術に現代の人々が深い恩恵を受けていることも紛れの無い事実である。2015/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6327098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。