日本軍 激闘の舞台裏―歴史の授業で教えない

個数:
電子版価格 ¥523
  • 電書あり

日本軍 激闘の舞台裏―歴史の授業で教えない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 09時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883928675
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0095

内容説明

日清・日露戦争から太平洋戦争まで。陸海軍の激闘の軌跡。

目次

第1章 大日本帝国陸海軍発足と日清戦争(大日本帝国軍はどのようにして発足したのか?―大日本帝国陸海軍のおこり;日本軍が初めて外国を相手に戦った本格的な戦争とは?―日清戦争勃発 ほか)
第2章 列強入りを決定づけた日露戦争での大金星(日本はなぜロシアと戦争をすることになったのか?―日露戦争勃発;「世界初の総力戦」と呼ばれた日露戦争での激しい戦闘の数々とは?―日露戦争における各地の激戦 ほか)
第3章 強まる軍部の権力と軍国主義の台頭(日本は第一次世界大戦にどのように関わったのか?―大正時代の日本と戦争;第一次世界大戦を通じ日本にはどのような影響が生じたのか?―第一次世界大戦終結 ほか)
第4章 第二次世界大戦における激闘の舞台裏(日本は第二次世界大戦にはもともと不介入を予定していた?―第二次世界大戦開戦直後の日本;日米開戦直前には両国のどんな思惑があったのか?―ABCD包囲網/ハルノート ほか)
第5章 大日本帝国と日本軍のその後(終戦を告げる玉音放送の前後に起きた2つの事件とは?―宮城事件と宇垣特攻;1945年8月から動き始めたソ連の横暴とは?―ソ連対日参戦 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

AnmitsuK (うろ覚えムーミン)

1
歴史の授業で「教えない」というより、「詳しくは教えない」と言ったほうがよろしい。明治~終戦までの、日本における軍備・戦闘の流れを追った本。かつて、官民一体の「熱狂」に突き動かされ調子に乗った挙句、人材も物資も摩耗しきって惨めに敗けた日本の歴史を、我々は今一度、噛み締めなければならない。2012/10/05

0
別段、タイトルにあるような「舞台裏」という程の内容ではないと思うが、戦争を主とした場合の近現代史の入門やおさらいには、非常に良いと思う。2012/10/10

いちまる

0
5分前行動って海軍の精神なんですね!初心者向けで用語の説明なんかも充実しているような気がします。でも太平洋戦争あたりが少し難しかったかな…2012/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5143533
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。