経済学革命―復興債28兆円で日本は大復活!

個数:
電子版価格 ¥1,177
  • 電書あり

経済学革命―復興債28兆円で日本は大復活!

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883928071
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

内容説明

なぜ、日本は20年以上もデフレが続いているのか?なぜ国の借金が1000兆円でも超低金利が続くのか?勘違いで凝り固まった日本人の頭を大改造。

目次

第1章 日本はいま恐慌経済である(経済空間には「通常経済」と「恐慌経済」がある;デフレと国の借金の関係 ほか)
第2章 悲観論、破綻論の正体(人口減少がデフレの正体?;日銀の国債買い入れは超インフレを招く? ほか)
第3章 バブルと恐慌経済の構造(恐慌経済で投資が減少する理由;投資効率が逆転したときバブルは崩壊する ほか)
第4章 復興、復活への戦略(日本にとって千載一遇のチャンス;まずは震災復興、次に橋 ほか)

著者等紹介

木下栄蔵[キノシタエイゾウ]
1949年京都生まれ。京都大学大学院修士課程修了、工学博士。現在、名城大学都市情報学部教授。専門は数理計画学・統計解析。この十数年来、ORの手法であるAHPをテーマに研究を続け、AHPの新しい理論を構築。第5回AHP国際シンポジウムを日本で開催し、基調講演を行う。第6回、第8回のAHP国際シンポジウムでBest Paper Awardを受賞。2008年3月、日本OR学会より第33回普及賞を受賞

三橋貴明[ミツハシタカアキ]
中小企業診断士、作家。1994年生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒。外資系IT企業など数社に勤務した後、中小企業診断士として独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カインズ

2
【未来を見据えた経済学】木下氏の「通常経済」、「恐慌経済」の解説、三橋氏のデータに基づく解説がなされている一冊。通常経済下、恐慌経済下での違いが興味深い。また、ボランティアが被災地の雇用を奪うということについて、全く議論がされていないことに危機感を感じる。このような議論をすること自体がタブーになっては、いけないだろう。他には、将来の日本についてのビジョンを語る第4章では歴史の観点からの議論も面白かった。2011/07/12

英樹

0
早く30兆円の復興債を発行して復興資金と公共事業に投入してほしです。未だ消費税増税論議をしている政府、マスコミ、財務省が腹立たしいです。木下先生の数式の理論は私には難しくて100%理解できませんが、出来る範囲で理にかなっていると思いました。Y(GDP)=C(消費)+I(投資)+G(政府)政府が公共投資、国債発行など1を投入するとGDPがめぐりめぐって10倍になって還ってくる。2011/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3458495

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。