パチンコ裏物語 激アツ編

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

パチンコ裏物語 激アツ編

  • 阪井 すみお【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 彩図社(2011/07発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 10pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883927982
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0195

内容説明

庶民の娯楽、パチンコ、だが、一見華やかに見えるその裏側は、一癖も二癖もある奇人変人のうごめく鉄火場である。本書は、パチンコ店員歴20年の筆者が見た、普段絶対に表には出ないパチンコ屋の秘話を集めた『パチンコ裏物語』の第二弾だ。連チヤンを呼ぶ謎の基板…、攻略法と称して犯罪行為をススメてくる業者…、店長を恐喝し好き勝手に暴れ回る客…、会員カードと遠隔操作の関係からゴト師の意外な忘れ物まで…。前作には書けなかった、パチンコ屋の本当にヤバイ話も盛り込んだ。

目次

第1章 誰も語りたがらないパチンコ屋の裏事情(「予備」と呼ばれる基板;裏ハーネスが落ちていた夜 ほか)
第2章 本当にあった!!ゴト、事件、攻略法(店長恐喝事件;ゴト、攻略法に気をつけろ ほか)
第3章 パチンコ屋で見た危ない店員、ヤバイ客(子連れお断り事件;サングラスの男 ほか)
第4章 驚きあきれるパチンコ屋の日常(微妙な商品とサービス;頭取り(あたまどり)の風景 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bingooo

1
★★★2015/05/24

即身仏

1
一番大事なところは微妙にオブラートに包んだ表現をしているけど、大体はこの非常に胡散臭いパチンコ業界がいかに魑魅魍魎の世界なのかが良く分かる出来。 今では接客態度の平均レベルは上がっているものの、店・客・店員共々とてもカオス。店側がいかに客に夢を見させて金を搾り取っていくのかにのみ集約されてるし、ろくでもない客は客で本当にどうしようもないクズばかり。この1冊がパチンコから離れる決定打になれば幸い、という様な本にはなっているとは思う。 パチンコ業界って、本当に恐ろしいものですね・・・。くわばらくわばら・・・。2011/08/21

みのにゃー

0
前回面白かったので。また面白かった…というか辛い。自分のような小心者には勤まらない仕事。パチンコに魅力を感じなくなったという筆者。世の中だけでなくパチンコの世界も殺伐としてきたということか。2013/01/01

もりすけ

0
待望の2巻 アツい・・・アツすぎる・・・2011/07/11

電気総長

0
ゴトとかよくわからない世界だった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4008333

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。