労役でムショに行ってきた!

個数:
電子版価格 ¥607
  • 電書あり

労役でムショに行ってきた!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 21時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883927746
  • NDC分類 326.52
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「労役」とはスピード違反や交通事故の罰金を払わない者を、刑務所などに留置し、罰金額に応じた労働を課す制度のこと。
元新聞記者の筆者は、埼玉県警に飲酒運転の罪で検挙され、25万の罰金を言い渡される。「25万払うくらいなら、労役で刑務所に入って、その実態を余すところなく観察してやろう」――そう考えた彼は、罰金を徹底的に踏み倒すことを決めた。
そして、晴れて(?)川越少年刑務所に留置された筆者を待っていたのは、お気楽ながらも辛い50日間だった……。

[目次]

【第1章】飲酒運転でパクられる
【第2章】ついにムショの中へ
【第3章】臭いメシの中身
【第4章】日当5000円の労役
【第5章】お気楽な雑居房の日々
【第6章】読み物と検閲
【第7章】刑務官は絶対的権力者
【第8章】おかしな房仲間たち
【第9章】ヤンチャもしたくなる
【第10章】さらば川越少年刑務所
【第11章】社会復帰に向けて

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ank

7
ここで服役した知り合いがいます。私はここでバイトをしていた経験があり、自分が担当していた書籍についても記述があるようなので古本で買いました。この本の内容は、事実とはいえ、怒りを覚えながら読みました。こんな人に社会的使命なんぞありません。まず、お酒を止めなさい!2016/05/14

sarie

6
酒気帯び運転で捕まり、25万円の罰金か刑務所での50日間の労役(1日五千円の計算らしい)で労役を選び、そこでの体験を書いたもの。 労役と懲役で待遇に少し差があるようですが、書かれているものを読む限りでは労役も懲役と同じように厳しくしたほうが良いのでは?と思いました。刑務官ご苦労様ですという感じです。 著者がしょうもない感じの人なので読後感は良くなかったです。(ポイント消化の為に電子書籍で購入) 2015/08/09

エス

6
キオスクで暇つぶしに買った本を読んでみた。興味深いエピソードはいくつもあったが、なんかうまくない講話を聞いているようだった。話が噛み足りないというか、調味料はちゃんと入っているのに味が繋がっていない料理のような印象。読ませる話を書くのって難しいんだな。いつも楽しい世界に連れていってくれるたくさんの皆さんに感謝。2013/06/29

T

5
面白かった。自分もこれから先、万が一、25万以上の罰金刑に陥ってしまったら体で払ってすませようと思う。だから日本政府は今後、もっと労役のシステムを進化させといてくれ。2016/02/28

エルビー

5
懲役と労役で待遇が違うとは知らなかった。もうちょっと掘り下げて欲しかったが…。テーマはいいのだが、作者の性格の悪さが文章から伝わって来て、何か複雑な読後感。2016/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2052318

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。