労役でムショに行ってきた!

個数:
電子版価格 ¥596
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

労役でムショに行ってきた!

  • 森史之助
  • 価格 ¥668(本体¥619)
  • 彩図社(2011/01発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月21日 12時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883927746
  • NDC分類 326.52
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「労役」とはスピード違反や交通事故の罰金を払わない者を、刑務所などに留置し、罰金額に応じた労働を課す制度のこと。
元新聞記者の筆者は、埼玉県警に飲酒運転の罪で検挙され、25万の罰金を言い渡される。「25万払うくらいなら、労役で刑務所に入って、その実態を余すところなく観察してやろう」――そう考えた彼は、罰金を徹底的に踏み倒すことを決めた。
そして、晴れて(?)川越少年刑務所に留置された筆者を待っていたのは、お気楽ながらも辛い50日間だった……。

[目次]

【第1章】飲酒運転でパクられる
【第2章】ついにムショの中へ
【第3章】臭いメシの中身
【第4章】日当5000円の労役
【第5章】お気楽な雑居房の日々
【第6章】読み物と検閲
【第7章】刑務官は絶対的権力者
【第8章】おかしな房仲間たち
【第9章】ヤンチャもしたくなる
【第10章】さらば川越少年刑務所
【第11章】社会復帰に向けて