• ポイントキャンペーン

就職先はブラック企業 - 20人のサラリーマン残酷物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883926718
  • NDC分類 335.21
  • Cコード C0036

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sonomi

7
社会人20人へのインタビュー中心で、語り口調そのままで書かれているので軽く読めるが、内容は…あまりに重すぎて呆然。営業職ならまだわかるが、私立高校教師や電器メーカーなど一見ブラック企業とわからない企業の実態が特に怖い。これから就活する人は、全部読まないまでも間のコラム「ブラック企業の見分け方」や「これがブラック企業の真実だ」だけでも読んで損はないと思う。2009/12/18

かやん

6
就職氷河期で内定が出た唯一の企業に入社したらとんでもない勤務体系だったとか、名の知れた会社だからまさかこんな内情とはとか、知らずにがんばろうと入社した方たちには本当に信じられない悪夢だっただろう。恐ろしいのはやめようとしてもやめさせてもらえない現状。うつ病になったり身体を壊してしまったり・・・こんな風にしか人を使えない企業ばかりが増えて行ったら、日本は若者たちはどうなってしまうのだろう。2013/11/12

ヨータン

6
転職活動中なので、ブラック企業には気をつけようと思いました。でもブラック企業って、入社してみないとわからないのかな〜。募集要項読んだだけで、危ない企業って、何となくわかっちゃうような気はするのですが。2013/06/02

Ms.H

5
人を人とも思わず使い倒す。消費者も人と思わず金づるだと搾り取る。そんな企業に明日はないと思うけど、きっとつぶれずに今もブラックな商売をしているんだろうなぁ…過労死の問題もそうだけど、労働基準監督署って機能していないのはなぜ? 2013/01/13

mari

5
就活中の皆さんにぜひ知っておいていただきたいです2012/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/174231

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。