ドル崩壊!―今、世界に何が起こっているのか?

個数:
電子版価格 ¥1,571
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ドル崩壊!―今、世界に何が起こっているのか?

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883926589
  • NDC分類 338.97
  • Cコード C0033

内容説明

止まらない破錠の連鎖!デリバティブ6京(6万兆)円!FRB信用失墜という最悪のシナリオ!60年間で28分の1になったドル!基軸通貨ドルが紙くずと化す日。

目次

第1章 デリバティブ6京円!?
第2章 サブプライムローン問題の本質
第3章 巧妙な錬金術の成れの果て
第4章 苦悩するFRB
第5章 ドル崩壊への道
最終章 最後に残るのはどこなのか?

著者等紹介

三橋貴明[ミツハシタカアキ]
中小企業診断士。1994年首都大学東京(旧:東京都立大学)卒業。外資系IT業界数社に勤務。2005年中小企業診断士を取得。通信業界に対し、企業の財務分析に基づく提案型コンサルティングを推進するかたわら、国民経済計算、国際収支などの国家の経済指標に財務分析の手法を応用、各国の経済分析と広報活動に従事する

渡邉哲也[ワタナベテツヤ]
1967年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒。貿易・卸の企業に勤務の後、独立。複数の企業運営にも携わる。仕事上、海外の経済情勢に精通。外信記事やネットを通じて、内外の政治経済状況のリサーチと解析を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アメリカのサブプライム問題に端を発した経済の混乱は、世界中を破綻の連鎖に陥れようとしている。
いよいよ、巻き戻しが始まった!
巨大な規模に膨れ上がったフェイクマネー(ニセ金)。
吹き荒れるスタグフレーションの嵐!
リスク回避策が更なるリスクを呼び、ドルの価値はますます希薄化する。
FRBも、今や、手のうち用がない!

第一章 デリバティブ6京円
 今、世界に何が起きているのか?
 世界を席巻する金融の危機
 デリバティブ6京円
 レバレッジが拡大させたデリバティブの市場規模
  (コラム1)商品先物取引とレバレッジ
 世界経済に破滅をもたらすCDS
  (コラム2)信用保証とCDS
 フェイクマネー(ニセ金)の罪業
第二章 サブプライムローン問題の本質
 ウォール街G5の陰謀
 リセッション入りを回避せよ
 アメリカ住宅ローンビジネスの実態
 嘘つきローンの甘い罠(オプションARM)
 キャピタルゲインという名のドリーム
 モラルハザードの蔓延
 ホームエクイティローンの功罪
第三章 巧妙な錬金術の成れの果て
 現代の錬金術師たち
 誤解と詐欺まがいのRMBS(証券化商品)
 厚化粧で隠されたCDO(証券化商品)
 大手銀行の危うい賭け(SIV)
 無謀なレバレッジ戦略
 リスク回避がリスクを生む(CDSによる債務保証)
 サブプライムローン問題の全体像
 最も罪が重いのは誰か?
 ついに破滅が始まった(ブラディ・チューズデイ)
 モノライン格下げによる地方政府の窮状
 ついに来たCDSの危機
第四章 苦悩するFRB
 最悪のタイミング「ルール157」(会計基準の厳格化)
 なり振りかまわぬFRB
 実体経済の悪化が始まった
 FRBの究極の救済策(新型証券融資)
 評価損を利益とするマジック
  (コラム3)ベアー・スターンズに続くのはどこだ?
 フェイクマネー(ニセ金)と化した米ドル
第五章 ドル崩壊への道
 ドルとは何か?
  (コラム4)FRBは民間銀行?
 基軸通貨となったドル(ブレトン・ウッズ体制)
 固定相場制の終焉(ニクソン・ショック)
 ドルの希薄化が始まった(プラザ合意)
 世界経済に影響を与えた日本の政策(金融ビッグバン)
  (コラム5)金融市場中心の金利政策
 餌食にされたドルペッグ制(アジア通貨危機)
  (コラム6)空売りの仕組み
 ロシアのデフォルトと天才たちの破綻(LTCM危機)
 サブプライムへの予兆(ITバブル崩壊)
 アメリカ政府の危機感(ドル防衛宣言)
 新興経済諸国の苦難
 欧州に迫るバブル崩壊の危機
 ドルが崩壊する日
最終章 最後に残るのはどこなのか?
あとがき(監修者)