子どもたちの問題 家族の力

個数:
  • ポイントキャンペーン

子どもたちの問題 家族の力

  • 内田 良介【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 石風社(2018/02発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月19日 23時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784883442782
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0036

内容説明

子どもたちは無意識の底で「それはちがう」とささやく。不登校、非行、虐待、性的虐待、発達障害、思春期危機。子どもたちが抱えるさまざまな問題に大人と家族はどう向き合えるか。

目次

1(明るい不登校―三世代家族のバランサー;止まない非行―母のなりたかったもの;里親という生き方―家族の条件)
2(零度の約束―初めはふつうの家族だった;誰にも言えないこと―父と娘の距離;消えない炎―別れた家族が集まるとき;アスペルガーと記憶の泉―小説がカウンセラー)
3(思春期の生と死―深い霧の向こう;家族再統合―発達障害に訪れた奇跡;中学生で父親に―家族へのいばらの道)

著者等紹介

内田良介[ウチダリョウスケ]
1947年熊本県に生まれる。1988年から、九州圏内の県職員となり、退職まで三つの児童相談所で勤務する。相談課、児童福祉司、係長、保護課長、相談課長等を歴任し、その間相談技法として「家族療法」を取り入れる。2006年に日本家族心理学会、家族カウンセリング協会認定の「家族心理士」の資格を取得。退職後は、中学校のスクールカウンセラーとして勤務する。著書に、詩集5冊。日本現代詩人会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。