郷愁のポルトガル―スケッチ紀行

個数:

郷愁のポルトガル―スケッチ紀行

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月28日 14時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 79p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784883442645
  • NDC分類 293.69
  • Cコード C0071

内容説明

老いてこそ夫婦ふたりで巡る自由で気ままな旅。ポルトガルの日常の風景を絵と文で綴る。古い街並を散策し、城や市場を訪ね、路地を歩く、小さな自己流の旅のスケッチ。

目次

ポルトガルの旅を
ポルトガルでの少しの印象
ポルトへ
ポルトの街
ギマランイスの中世に
ホテル・アヴェニーダの香り―“ヴィゼウ”
ナザレ 冬の海岸
オビドウの梨
ドン・カルロス一世公園の怪しい臭い―“カルダス・ダ・ライーニャ”
リスボン散策
エヴォラの歴史的風情
モンサラーシュの時間
リスボン、残りの日

著者等紹介

定松潤子[サダマツジュンコ]
旧姓:吉田。1940年岐阜市生まれ。JUN設計事務所(福岡市)主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。