ペシャワールにて - 癩そしてアフガン難民 (増補版)

個数:

ペシャワールにて - 癩そしてアフガン難民 (増補版)

  • 中村哲
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 石風社(1992/01発売)
  • ポイント 18pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月01日 13時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784883440504
  • NDC分類 498.022
  • Cコード C0036

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ochatomo

19
中村哲氏の初著書 1984年赴任からのパキスタンでの活動とイスラム社会事情を解説 トラブルへの対処が深い 患者のため麻ひもバッグ作りを援助し染色する病棟エピソードが心に染む 『化け物のような“トウキョウ”』日本への落胆が後半感じられた 1989年初版に、この1992年増補版は“湾段戦争”の章を追加 あとがきで『我々はあらゆる立場を超えて存在する人間の良心を集めて氷河となし、騒々しく現れては地表に消える小川を尻目に、確実に困難を打ち砕き、かつ何かを築いてゆく者でありたいと、心底願っている。』2020/01/13

けんちゃん

15
先に澤地久枝さんとの対談を読んだのですが、ご本人の本は初読み。いろいろな活動をされている中村さんですが、これは初期の本。政治的思惑、宗教的対立、現地住民と奉仕する者の大きなギャップの中で多数の癩(あえてハンセン氏病と言わないのです)患者に対して純粋に医療活動を行うことの困難さを感じることができます。何よりアフガン事情の複雑さ、この本の刊行(1989年)から20年以上たってもなお多くの問題が継続中のこの地域に同じアジア住民としてあまりに関心の薄かったことを反省させれれています。2011/09/27

南の島

1
会社同僚より借りた本。土地柄、歴史や社会情勢が分かりにくいけど、アフガニスタンに入っていく中村医師の姿に感服。2020/01/17

Tasuku Seo

0
医師としてライ病にどのように向き合っていくのか内面の葛藤を素直にそして知的に吐露している箇所が印象に残る。マスとしての病のコントロールと患者一人一人と向き合いが時として対立する葛藤(P41)、ライ病という語のあえての使用(P106)、医師という立場と事業の経営者としての葛藤。それでもなぜ彼はペシャワールに関わるのか。その一端が現地の人たちなんだと思う。「彼らはどこか憎めぬ魅力がある。~略~良いことも悪いことも、強さも弱さも、単純で解り易く、天真爛漫に性悪でかつ貴族的な高貴さを秘めているのである」(P55)2022/02/23

koh21y

0
ペシャワールにて 癩そしてアフガン難民/中村 哲2004/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/284999

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。