里山復権―能登からの発信

個数:

里山復権―能登からの発信

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784883402526
  • NDC分類 519.814
  • Cコード C0061

内容説明

人と自然の相互作用で持続可能な里山里海に。里山再生・保全の理念、仕組み、手だて、可能性を現場の取り組みをもとに多角的に追究。

目次

第1部 里山の再生と復権に向けて―生物多様性と人材育成の視点より(里山の再生と復権;国際的に見た里地里山の位相;持続可能な里山再生の条件を考える;琵琶湖周辺の田んぼは「魚のゆりかご」―水田のもつ生態系機能の保全・再生に向けて;生きものたちと育む農家の新経営戦略―環境保全型農業と生物多様性)
第2部 能登半島の人づくりと地域再興―里山里海保全・現場からの発信(奥能登の地域再生と里山マイスター養成プログラム;里山の価値と地域再生への人づくり;環境配慮の水田農業を支える担い手の育成;地域資源を生かした6次産業型ビジネスの可能性;里山里海に生きる―常駐研究員の挑戦;地域連携コーディネーターという仕事)

著者等紹介

中村浩二[ナカムラコウジ]
1947年兵庫県生まれ。金沢大学教授、学長補佐、環日本海域環境研究センター長。専門は生態学。「能登里山マイスター」養成プログラムなどの代表を務める

嘉田良平[カダリョウヘイ]
1949年大阪府生まれ。人間文化研究機構総合地球環境学研究所教授、横浜国立大学大学院教授を兼任。専門は農政学、環境経済学。「食リスク・プロジェクト」のリーダーを務める。1980年代前半より環境保全型農業を提唱し、環境と調和する農業のあり方、里山の環境修復活動にも取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。