ブランデッドエンターテイメント―お金を払ってでも見たい広告

個数:

ブランデッドエンターテイメント―お金を払ってでも見たい広告

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 411p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784883354993
  • NDC分類 674
  • Cコード C2063

内容説明

観客はお金を払って広告を避ける権利を手に入れた今、お金を払ってでも見たい広告とは?世界最大級の広告クリエイティブの祭典『カンヌライオンズ』の審査員15人が初めて語る、未来の広告手法「ブランデッドエンターテイメント」とは?受賞作制作の舞台裏ストーリー満載。ブランドマーケティング担当者、広告制作者、CMプランナー等、広告に関わるすべての人へ。

目次

1 THE NEED(ブランデッドエンターテイメントの必要性)(デジタルボーンキラー(デジタル世代は広告を殺すのか)―ブランデッドエンターテイメントがブランドのためにできること
時間との戦いと集中力持続時間への誤解
ブランデッドエンターテイメントが生むニュース)
2 THE ART OF BRANDEDENTERTAINMENT(プロダクト・プレイスメントからアイデア・プレイスメントへ;なぜ「ストーリー:物語」は最も重要なのか?;緊張感を高める;みんながドキュメンタリーを求めている(あるがままに生きることを恐れるな)
怒りの力で社会を変える)
3 OPPORTUNITIES AHEAD(スポーツマーケティングにおける傑作コンテンツ;エンターテイメントの未来―ハリウッド、スポーツ、そしてゲーム(eSports)!
アートと科学の出会い)
4 THE BUSINESS(ハリウッドとブランデッドエンターテイメント(リドリー・スコット、トニー・スコットの挑戦)
タレントとブランデッドエンターテイメントのおいしい関係
世界に拡張するアイデア―グローバルなテレビフォーマットを生み出す方法
広告の忍術/影での仕事術―誰にもマネできない戦略で攻める
マーケターのように考え、エンターテイナーのように振る舞い、ベンチャーのように行動せよ―3つのカンヌライオンズグランプリ、制作の舞台裏)

著者等紹介

ペレイラ,PJ.[ペレイラ,PJ.] [Pereira,PJ.]
米国・世界で数多くの革新的な広告・エンターテイメントキャンペーンを実現してきた、Pereira O’Dell社の共同創設者でありクリエイティブ総責任者。これまで、MINI、Coca‐Cola、LEGO、Google、SkypeそしてIntelを始め数々のブランドと仕事をしてきた。サンダンス映画祭に公式選出された「Lo and Behold」や、3つのカンヌライオンズグランプリを獲得したソーシャルフィルム「The Beauty Inside」などをプロデュース

鈴木智也[スズキトモヤ]
CEO:STORIES合同会社/STORIES INTERNATIONAL,INC.。博報堂・博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所等を経て2011年博報堂DY・セガなどの出資でSTORIESを設立。STORIESは東京・LAに拠点を持つクリエイティブ・ブティック。米国を中心に20名以上のクリエイターが所属、SUBARU Your story withシリーズ、安室奈美恵MV、宇多田ヒカルMV・テレビ番組などブランデッドエンターテイメント、CM、MV、イベント等、数多くのプロジェクトをプロデュース。早稲田大学法学部・UCC映画大学院プロデューサー学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なななな

6
仕事関連で読みましたが、大変勉強になりました。2021/12/06

まさき|SNS採用に強いフリーランス

6
最高のブランデッドエンターテイメントは、「お金を払ってでも見たい広告」。ブランデッドエンターテインメントとは…①ブランドがプロデュースするエンターテインメント②飛ばしたくならないような広告③エンターテインメントを邪魔するのでなく、観客に求められるために作られたマーケティング④ブランドの金銭的投資・観客の時間的投資の両面で投資対効果の高い広告⑤「見させる」ために時間を買うのではなく、観客を魅了して「思わず見たくなる」広告2020/09/22

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/07/05

へりお

0
ブランデッド・エンタテイメントとして、映画などコンテンツを利用した新たな広告の必要性を感じる本。当たり前に広告が飛ばされ、コードカッティングが起こる世の中でこの広告手法が定着しつつあるが、お金を払ってでも見たいと思わせるブランドとコンテンツの理念がマッチした作品は少ないという。このご時世の唯一のメリットは、配信やライブイベント、VRなどプラットフォームが多様であること。集中力の持たない現代人にとってマルチプラットフォーム展開によってガツンとインパクト与えないとなかなか記憶に残ることはないだろうなと思った。2020/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16305197
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。