淡海文庫<br> 近江の地名―その由来と変遷

個数:

淡海文庫
近江の地名―その由来と変遷

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月20日 16時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883251988
  • NDC分類 291.610
  • Cコード C0325

内容説明

かつて大津宮があり、渡来系氏族との関わりが多い近江。『和名抄』、条里、木簡などから見る古代地名を始め、山岳、城下町、街道、難読地名まで他方面から地名を詳述。

目次

近江の行政地名の確立と整備
近江の河川と野の名
木簡に見られる近江の古代地名
近江の渡来人居住地の地名
近江の旧都・古代官衙ゆかりの地名
近江の歌枕
近江の伝説と地名
近江の山岳信仰ゆかりの地名
佐々木氏ゆかりの地名
近江の水運と津地名
信長・光秀・秀吉ゆかりの地名
近江の城下町と町名
近江の街道名と宿場名
大津百町
近江の難読地名