別冊淡海文庫<br> 朝鮮通信使と彦根―記録に残る井伊家のおもてなし

個数:

別冊淡海文庫
朝鮮通信使と彦根―記録に残る井伊家のおもてなし

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883251940
  • NDC分類 216.1
  • Cコード C0321

内容説明

朝鮮通信使一行の旅行記録に、くり返し彦根の地に対する称賛の言葉が記されていることは、あまり知られていない。行き届いた“おもてなし”の背景には、徳川将軍家光のブレーンとして朝鮮通信使の成功に向けて尽力した彦根藩主・井伊直孝による、こと細かな指示があった。初紹介の史料も駆使し、「陸路中の第一」と讃えられた彦根における日朝交流の具体像に迫る。

目次

第1章 彦根城と朝鮮人街道の一体的整備(幕府の交通政策としての彦根築城;彦根周辺の交通網整備)
第2章 朝鮮人街道の成立(全国の街道からみた朝鮮人街道;天下人の通る街道;将軍上洛道を組み込んだ彦根城;朝鮮人街道の成立と運用)
第3章 朝鮮通信使をもてなした彦根藩(江戸へ向かう朝鮮通信使;日朝外交の刷新に尽力した井伊直孝;通信使の彦根宿泊)
第4章 通信使を迎えた彦根(彦根城下町に設けられた宿泊所;宿泊所の中核・宗安寺;街道整備と二つの茶屋)
第5章 文華をこのむ地 彦根(詩作の交流;訳官洪喜男との交流)

著者等紹介

野田浩子[ノダヒロコ]
昭和45年(1970)京都市生まれ。平成7年(1995)、立命館大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了。同年より平成29年3月まで、彦根城博物館学芸員。現在、立命館大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。