夢のあとさき―帰郷祈願碑とわたし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 348p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883207053
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0090

内容説明

女優の「日韓」愛と、立ちはだかる「反日」。それでも私は、あきらめない。朝鮮人戦没者を弔う「帰郷祈願碑」をめぐる、哀しみの実話。20年以上にわたり奔走した建立をめぐる記録。

目次

プロローグ―1991年に見た「あの夢」のこと
第1章 二つの名前
第2章 さまよう石碑「北関大捷碑」
第3章 知覧・沖縄へ
第4章 卓家一族の謎
第5章 学籍簿をたどる旅
第6章 石碑制作の課題
第7章 巨大化してゆく慰霊碑
第8章 漂いはじめる暗雲
第9章 怒号の除幕式
第10章 再建の地を求めて
第11章 嵐の後の祈り
エピローグ―日韓の未来へ向けて

著者紹介

黒田福美[クロダフクミ]
俳優・エッセイスト。1956年生まれ。桐朋学園大学演劇科卒業。俳優として活躍する一方、芸能界きっての韓国通として知られる。80年代から韓国への往来をはじめ、三十余年にわたって、放送、著作物、講演などを通して韓国理解に努めてきた。2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会理事、韓国観光名誉広報大使などを歴任。そうした功績が認められ2011年には韓国政府より「修好章 興仁章」を受勲(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)