日本語・日本語教育の研究―その今、その歴史

個数:

日本語・日本語教育の研究―その今、その歴史

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784883196548
  • NDC分類 810.7
  • Cコード C0081

目次

第1部 日本語・日本語教育・関連領域(日本語における主語と主題;読解における仮説検証能力と自己モニタリング;授業をつくる―「学びの場づくり」における教師と学習者;言語学習初期における音声言語教育の意義―日本語教育への提言;口頭表現授業におけるドラマプロジェクトの試み ほか)
第2部 日本語教育史・言語教育史(コメニウス著『大教授学』に見る言語教育者への指針―「新編“すべき・すべからず集”」の試み;ヴァリニャーノの第二言語教育観―「日本管区及びその統轄に属する諸事の要録」を中心に;アーネスト・サトウ、ウィリアム・アストン、ジョン・オニールらが使用した日本語学習書の一考察―『鳩翁道話』を中心に;明治後期中国人学習者に対する「問答」を使った口語指導―松本亀次郎編『日本語教科書』の分析を中心に;戦前台湾の社会教育における日本語教育―簡易国語講習施設で使われた教材の研究 ほか)

著者等紹介

加藤好崇[カトウヨシタカ]
東海大学国際教育センター教授。早稲田大学大学院日本語教育研究科博士課程修了。日本語教育学・社会言語学

新内康子[シンウチコウコ]
志學館大学人間関係学部教授。津田塾大学学芸学部英文学科卒業。国立国語研究所日本語教育長期専門研修修了。専門分野は日本語教育・日本語教育史

平高史也[ヒラタカフミヤ]
慶應義塾大学総合政策学部教授。東京外国語大学大学院外国語学研究科修士課程修了。ベルリン自由大学文学博士。専門分野は日本語教育・ドイツ語教育。主な前職は東海大学留学生教育センター、ベルリン・フンボルト大学

関正昭[セキマサアキ]
元東海大学教授。専門は日本語教育史・日本語教育文法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本語教育の現在と過去に関わる22篇の論文集。第1部「日本語・日本語教育・関連領域」に日本語教育の今をめぐる論文、第2部「日本語教育史・言語教育史」に日本語教育や言語教育の歴史の問題を考察した論文を収載。